Page: 1/66   >>
世田谷区地域猫活動セミナー、6月8日に開催。
0

    blg_setagaya6.8 一週間程過ぎてしまいましたが、世田谷区地域猫活動セミナー、6月8日に開催。一年に二度の開催です、記憶では30回目になると思います。

     同区の動物愛護管理に関わる新任課長、係長、職員、ベテランご担当さんなど5名が休日出勤で早くから会場の設営。

     この区にはどのようなご相談や苦情にもお応えできるスーパーボランティア?のチームSLPに20年近くの経験と実績があり、複数の自治会幹部の皆さまから、現実的なご質問もありました。余談ですが打ち上げ懇親会には5名の職員さん全員がご参加され、スーパーボランティアチーム?との情報交換をされていました。
     6月12日には見直し動物愛護法(略称)が衆参両院で可決され、一年以内に公布施行の予定との事です。全国の都道府県単位では少なからずの「地域猫対策」の知識も有していることのようでしょうが、この施策の実行の母体となる市区町村には「地域猫対策施策」を知らない職員がほとんどで、同動物愛護管理部局に新任で担当される職員も同じようです。

     場合によっては「この施策は県の所管だから、市には担当がない。」ことも多く体験しました。改正法では、市区町村にも動物愛護管理に職員が動きやすくなる権限を与える条項が加えられたとも伝えられ、公布が待たれます。(きや)

    | NPOねこだすけ | 13:59 | - | - | - | - |
    松山市清水地区地域猫セミナー
    0

      mtuyam19.6.2 6月2日、愛媛県松山市清水地区の地域猫セミナー。最新号のねこだすけニュースの記事タイトルの通り、地域猫100箇所あれば100通り。松山市は政令市で保健所を持ち、獣医資格の職員が担当で、この日も講師を受け持ちました。(他の講師などは5月10日のブログで‥
       主催は清水地区まちづくり協議会と清水ねこくらぶなどで、同市は主催に関わりませんが担当者2名は最後迄ご一緒でした。この開催には伊予銀行の公益事業からの助成があるとのことも少しは関係しているのでしょうか?
       当日ご参加の運営ボランティアさん含む約100名の市民と、市の担当職員は猫の件でほぼ顔見知りとのことでした。
       雑談の中では各地区の自治が主体となる住民参加の地域猫対策や、猫の保護譲渡、かわいそうな外猫の囲い込みなどでも、不妊去勢手術はどのケースでも行き届いているようでした。
       市民から持ち上げ型の地域猫対策成立の下地は出来上がっているようで、これからの盛り上がりも感じられ、役所主催の地域猫対策セミナー開催を求める声も強かったです。(き)

      | NPOねこだすけ | 02:48 | - | - | - | - |
      仙台市飼い主のいない猫対策セミナー
      0

        sendai.6.21blg

        仙台市飼い主のいない猫対策セミナー


        2019年6月21日(金)午後2時〜4時
        アニパル仙台ホール/仙台市動物管理センター
        『人と猫の間でトラブルを起こさないために』
        講演:NPOねこだすけ代表理事工藤久美子
        申込:電話で先着50名(ご参加無料)258-1626アニパル仙台
        ねこだすけの地域猫対策資料配布・展示パネル・外猫トイレ展示と実演

         

        もう少し大きいチラシ|←クリック

        | NPOねこだすけ | 13:27 | - | - | - | - |
        埼玉県狭山市・飼い主のいない猫対策おはなし会
        0

          sayama19.5.12 令和元年5月12日、狭山市市民交流センターで、飼い主のいない猫対策おはなし会が行われました。地域猫活動アドバイザー石森信雄さんと、NPO法人ねこだすけ代表理事工藤久美子が講演と、ご相談やおはなし会を受け持ちました。

           共催の狭山アニマルサポートアンジュや保護猫カフェ funnyCatが会場の設営や運営のほか、おはなし会も役割分担し、地域猫対策セミナーに初めてご参加の大勢の皆様や、猫には少々お困りの方々等などのほか多彩な内容でした。
           公的な助成や所管の役所からの直接の支援などのない中での開催だったようですが、終わってみると若さと活気あふれる素敵な集いでした。

           お花が送られるなど地域猫対策に新しい息吹を思わされました。20年近くに渡りさまざまな地域猫対策セミナーなどに関わりましたが、お花のお祝いは初めてでした。地域猫対策が社会性を持ちはじめていると感じた次第です。地元ケーブルTVの取材もありましたが見られなくて残念です。(きや)
           画像上は講演風景、下は会場の現状復帰撤収作業中のスタッフさん集合。

          | NPOねこだすけ | 00:17 | - | - | - | - |
          世田谷区地域猫活動セミナーin上北沢
          0

            blg_6.8setagaya世田谷区地域猫活動セミナーin上北沢

            令和元年6月8日(土曜日)午後1時30分〜4時
            会場:上北沢区民センター第1第2会議室併合
            対象:(1)飼い主のいない猫の問題でお困りの方(2)問題解決のために地域で活動に取り組んでみようと思う方(3)地域での活動事例や成果について知りたい方
            内容:飼い主のいない猫対策の考え方、活動事例の紹介、飼い主のいない猫によるトラブルの相談

            講師:チームSLP代表田矢麻弓さん、区内町会代表板垣氏、NPOねこだすけ代表工藤久美子ほか
            費用:無料・要事前申込
            申込:5月7日(火曜日)より平日のみ電話受付(先着40名)
            世田谷保健所生活保健課生活保健 03−5432−2908

             

            世田谷セミナーチラシ

            世田谷セミナー次第

            世田谷区役所セミナー案内

            | NPOねこだすけ | 13:17 | - | - | - | - |
            松山市・清水地区地域猫セミナー
            0

              blg.matuyama19.6.2

              愛媛県松山市・清水地区地域猫セミナー

              2019年6月2日(日)午後1時半から

              清水公民会2階大会議室/ご参加無料

              講師:松山市保健所動物愛護担当

              (公財)神奈川県動物愛護協会常任理事黒澤泰氏

              NPOねこだすけ代表理事工藤久美子

              ねこだすけより地域猫対策展示パネル、配布資料など提供。

              外猫トイレ実演あります。

              問合せ/清水地区まちづくり協議会:清水ねこくらぶ(090-2782-2565)

              【伊予銀行環境基金エバーグリーン助成事業】

               

              |大きな画像|←クリック

              | NPOねこだすけ | 03:53 | - | - | - | - |
              飯能市で地域猫対策セミナー
              0

                hanno3.24  3月24日埼玉県飯能市で地域猫対策セミナー開催。同市役所や県にも働きかけた公民遵法の地域猫対策セミナーと認識の元、資材の提供や講師を引き受けていましたので、終わって見ると結果はその様に終始しました。

                  主催者が猫擁護活動の譲渡や保護に思いの強いこともあり、三十数名のご参加者さんのうち2〜3名さま程は譲渡猫の会合と思われたのか、講師講演にはご参加されなかったようです。

                  埼玉県の地域猫対策のご担当とねこだすけ工藤の講演のほか、市のご担当2名も一般参加され、市の対策の解説もいただきました。

                  役所は法の執行官です。根拠法がない場合には裁量権の行使は難しく、法規法令にあることをやらないと行政不作為といわれます。市が行える施策について、地域猫対策の執行は市に求められますが、猫の譲渡や保護は県の事務事業であり、この市では行いにくい施策です。

                  当セミナー開催の主体となった市民ボランティアの方々と、市役所とのつながりの役目を担った議員さんと、打ち上げ懇親会でその様なお話をさせていただいたところ、地域猫対策に関わる法規法令などと役所の関係などについて、市民ボラさんからは何も説明がなかったが、この度は良く理解できたとのことでした。

                  これからは、猫を対象にする擁護や保護にかかわらず、地域の住民が主体となる、猫の棲むところの地域自治活動を、市が施策とする地域猫対策として行う道に進みやすくなることと思われます。

                  画像上は講演会風景、飯能日高テレビが取材。下は恒例の現状復帰撤収にお手伝いの皆さまと。(き)

                | NPOねこだすけ | 04:22 | - | - | - | - |
                地域猫対策セミ、和歌山、長崎。
                0

                  nagasaki.sasebo地域猫対策セミナー・和歌山・長崎
                   3月9〜10日は和歌山市と田辺市。16〜17は佐世保市と長崎市で地域猫対策セミナーでした。
                   和歌山は両市とも県が主催で一般参加者のほかに、市町ほかの行政マンも目立ちました。
                   長崎は両市とも公益的な機関の助成制度を利用した市民リーダーの主催で、行政マン対象のプログラムもありましたが、市民のほか多くのボランティアさんが目立ちました。

                   地域猫対策の成功例のほか、すすみにくい事例、また地域猫対策という行政施策とは立ち位置の異なるさまざまな皆様。この施策を行う都道府県と、施策執行のかなめとなるべき市町村とのしがらみ。4か所の自治体で行われましたので、それぞれに異なる現状事 
                  態等が知らされました。

                   共通の悩みのトップは・・・動物愛護法の所管を持つ都道府県では法規法令をもとに、地域猫対策を施策とすることが増えています。その一方で地域猫対策という地域自治が主体の施策にも関わらず、執行所管を置かない、或は持たない市町村が大多数です。特に町村となると事態は厳しいようです。役人の個人に知識や意識があっても、行政施策に成立しにくい現実があるようです。

                   対策と活動の違いについて・・・役所は繁殖制限手術助成金の支出はするものの、行政施策としての地域自治の地域猫対策に思い違いしている。早い話が、野良猫のいなくなったことが無く、恣意的な餌やりもなくならないので、その結果の事態に付いて地域猫対策という行政施策を行うことができるという根拠法令があります。
                   餌やりの禁止も含む地域猫活動に、役所も腰が引けています。決して餌やりのいなくなった歴史がないので、その結果の事態への自治対策を、野良猫を対象にした猫対策と思い違いする行政や、野良猫迷惑市民が大多数です。そして猫活動者と、思い違い者間で小競り合いが起こっている一方で、上手にともに対策をすすめる自治活動も増えています。

                   

                    地域猫対策とは野良猫を対象にした動物愛護施策とは異なることと、猫の愛護や擁護の活動とも異なることなどの違いをセミナーで解説されます。野良猫の擁護は法の執行官の全ての役所が行う根拠法が見つかりにくく、猫のいる事態の結果への自治対策には、都道府県に限らず、市区町村が執行出来る根拠法があります。やるかやらないかはまた問題の多いところです。
                   その様な現実が分りやすくなり、それらについてのさまざま解決方法などが解説される目的のセミナーですので、4か所のセミナー終了後はご参加の皆様に意義を思わせる後ろ姿が感じられました。

                   画像は上から和歌山市会場、田辺市会場、佐世保市会場、長崎市会場。

                  | NPOねこだすけ | 09:43 | - | - | - | - |
                  新宿区第12回、通称地域猫対策協議会
                  0

                    snj.sokai 新宿区、年に一度が12回めの通称地域猫対策協議会、h31年3月2日でした。ご多忙の吉住健一区長ほか自治地区の町会長さん、傍聴のご来訪者さんや多彩な皆様がご参加されました。

                     議題の一つは地域猫対策を実行していることのアピールに、うんち他清掃用のゴミ袋に地域猫対策などをプリントして区民に提供するアイデア。犬のうんち袋の配布は役所に実績は有るものの、猫には無いので実現はできないものか?ということでした。

                     私事ですが、新宿区にも愛護動物係を作る事を発声しました。その理由は、動物ボランティアさんなどと動物担当職員さんなどの社会的地位の確立と向上。現状では単なる動物好きの任意の行いと思われることも多いですので、役所が法令に従う行政措置であることをもっと分りやすくしたい為です。

                     ほか一件は道のりが容易ではないと認識していますが、高齢者や心身に課題を含む方々などと、動物との関係の福祉の連携です。例えば民生委員や福祉士、ケアマネージャー、介護ヘルパーなどとの情報共有で、人が不適切に猫などの愛護動物を所有する事態について、悪い結果をまねかない事前の対策です。(き)

                    | NPOねこだすけ | 03:54 | - | - | - | - |
                    古河市飼い主のいない猫対策セミナー
                    0

                      koga2.17 古河市飼い主のいない猫対策セミナー、茨城県古河市はなももプラザで2月17日開催。

                       県から地域猫対策の解説や、元新宿区職員高木さんの災害時対策、ねこだすけ工藤は地域猫対策の実践と地域猫模擬トイレの実演など、内容が多彩で時間に追われながらの講演後には講師三名に対しての質問と回答などでした。

                       最近のどこの自治体でも同じ課題が質疑にかかりました。早い話が「都道府県が予算の分配などをして、市区町村に地域猫対策の実行を命じろ!!」です。茨城県もそうですが多くの都道府県などは、思いのほか地域猫対策を取り入れるところが多くなりました。

                       地域が主体の住民自治活動とも位置づけられる地域猫対策の執行や実行の母体は、町会等を直接所管する市区町村が適切です。しかし生憎と地域猫対策を施策として積極的に組み込めている自治体は極めて少ないですし、県が市町に施策の執行を命じる裁量権の行使は現実的とはいえません。

                       会場には今回後援の古河市の職員が一般参加されていましたが、市の地域猫対策の具体的な執行資料などもこれからのようで、主催者や開催協力者などの用意した配布資料が目立ちました。

                       写真上の会場風景と、下は閉会後の個別相談が熱を帯びる事を想定し、開会の準備が終わったところでボランティアさん集合です。県の講師と職員さんには閉会後の会場現状復帰撤収までお手伝いしていただきましたが、昼の集合写真に加われずに残念です。(き)

                      | NPOねこだすけ | 19:51 | - | - | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode