Page: 2/58  << >>
地域猫対策・役所との関係づくり
0

    sem6_yakusho

    地域猫対策、セミナー・講演会資料No.6を追加しました。


    「地域猫対策・役所との関係づくり」
    法令に基づく地域猫対策に役人があたるとき、緊急災害時の動物救済と似ています。
    災害時は「人のライフラインが先だろ!」との役所内外からの視線に担当役人が腰砕けに。
    地域猫対策は「たかだか猫で出動かい!」の同僚からの陰口も。
    どちらも市民からの適切な声が役所に上手に届くとき、加速度的に改善進展します。


    役所に伝えたいことがらなどは・・・
    ファクトシート・セミ資料


    セミ資料No.6・・・

    地域猫対策・役所との関係づくり

    | NPOねこだすけ | 04:34 | - | - | - | - |
    飯能市・地域猫セミナー
    0

      hanno飯能市・地域猫セミナー

      日時:2017年8月19日㈯ 14:15〜17:00

      会場:丸広百貨店飯能店8階

      会場が変りました。​

      飯能市役所本庁舎別館2階会議室(飯能市大字双柳1−1)

      講師:埼玉県動物指導担当福田郡盛氏

         NPOねこだすけ代表工藤久美子

      主催:ねこ猫ネコの会

      後援:埼玉県 飯能市

      ご参加ご自由・無料・直接会場へ

      地域猫対策講演・地域猫模擬トイレ実演

       

      ねこ猫ネコの会(ホームページ)

      | NPOねこだすけ | 15:42 | - | - | - | - |
      川崎市地域猫活動セミナーにて
      0

        kawasaki7_29 7月29日は川崎市第三回地域猫活動セミナーでした。保健所や愛護センターを持つ政令指定都市で、近年新設された幸区役所が会場です。事前告知なども、同区内の皆様を重点的に配慮されたとのことでした。同市は総体的に動物愛護を取り入れているように感じましたが、こと地域猫対策執行についての役所間の役割の統一はこれからの様です。
         市の行政区は7区に分かれています。他の自治体も同じですが、区民が地域猫対策を、地域が主体の自治活動と位置づけようとするとき、さて管轄して地域猫対策のプロジェクトの事務の実行をする役所は果たして?各7つの区役所?センター?市役所?
         このセミナーには何らかのトラブルを抱えた地域猫ボランティアさんが大勢で、経験やパワーを感じました。皆さんの対策の現場がどこで、その区内での実行を実質的に執行する区の管轄担当と、プロジェクトを管理する市、実務のサポートができるセンター、これからはそれぞれの役割分担も計画されることと思われます。
         「私の現場の○○区役所はまったくダメ」・・・なのでしたら、区役所に対する地域猫対策についての底上げのお願いもまた考えられるかもしれません。
         猫達の健康や福祉や擁護などを深く考え、その思いを日夜実行しているボランティアさんが多数でした。
         (画像上から講演中、外猫トイレ実演中、会議室撤収の前に有志集合。)

        | NPOねこだすけ | 01:51 | - | - | - | - |
        川崎市・地域猫活動セミナー
        0

          kawasaki_729

           

          以下はホームページなどより抜粋・引用

          ========================

          川崎市・地域猫活動セミナー
          日時:平成29年7月29日(土)14:00〜17:00
          場所:川崎市幸区役所
          参加費用:無料(定員100名/申込先着順)
          講師:NPOねこだすけ代表理事 工藤久美子
          申込期間:〜平成29年7月28日(金)
          お申込方法、お問合せなどのホームページは・・・
          主催:川崎市健康福祉局 保健所 生活衛生課

          ========================

          ねこだすけイベント情報

          | NPOねこだすけ | 02:45 | - | - | - | - |
          福山・通称地域猫対策セミにて
          0

            fukuyama17.7.16 7月16日(下の記事と関連)、歴史に裏付けられた活気溢れる福山市です。瀬戸内海の史蹟鞆の浦の観光のほか、各種の産業なども盛んとのことでした。猫に関わる方々の取り組み方もさまざまの様子で、他の地域との情報交換なども頻繁に感じました。

             中核市ですから、市にセンターもあって譲渡の仕組みや、猫を対象のボランティアと市の恊働活動にも既に配慮されているようでした。

             ついつい人と共に生きる猫や、その猫に関わる人々に目がいってしまいます。しかし、人の歴史の中で猫好きと猫嫌いが猫のいる社会といない社会に分かれて暮らした事がありません。そのために起ってしまう好ましく無い事態を、役所が施策を執行してその事務を管理する事業計画を地域猫対策、ということもできます。

             猫や猫好きの人々への管理や規制に目がいってしまいますが、人も猫も暮らす社会の公平で合理的な政治的管理を「地域猫対策」というとき、自ずと猫好きも猫嫌いも、そのどちらとも言えない人々もご一緒に同じ目的を目指す対策が考えられています。

             理屈を離れて、猫のいる地域で今暮らす多くの人々が何をどうすればよいのか?上の画像は地域猫対策の解説と、下は外猫トイレの設置実演中。(き)

            | NPOねこだすけ | 00:51 | - | - | - | - |
            福山市通称地域猫セミナー
            0

              fukuyama7.16

              福山市通称地域猫セミナー

               

              ============

               地域猫について考える 猫のTNRってなんだろう

               7月16日(日)13:30〜16:00 福山市ローズコム会議室 参加費無料・要申込先着100名 講師:NPOねこだすけ工藤久美子 主催:ねこみみ福山 後援:福山市ほか

              https://www.facebook.com/nekomimifukuyama/

              ============

              以上は、案内チラシより一部引用

               

              ねこだすけイベント情報

              | NPOねこだすけ | 19:34 | - | - | - | - |
              第26回世田谷地域猫セミナー
              0

                setagaya7.8 世の常ですが地域猫対策の進め方も枝分かれを始めているようです。

                 猫が人の近くにいる限り、餌を与える方、ペットとして飼う方、お金もうけに使う方、猫を捨てる方、猫を殺そうとする方、そのほかの様々な分野で多くの方々がそれぞれの立場から猫に関わります。

                 その結果、猫を原因とする人と人とのトラブルが起こります。そのようなトラブルの解決策を「地域猫対策」という仕組みで役所が管理することが法規法令に従った施策で、住民と役所と少し猫に詳しいボランティアなどが協働で実行にあたり、猫のいる地域に根付かせています。この仕組みは猫のトラブルがあるところで、役所は地域猫対策という行政施策を執行しなさいというものです。市民は役所と同じ目的を目指す協働事業に参加できます。

                 その一方で、猫のいる歴史上なくなったことのない身勝手な餌やりさんや、猫に思いの強い方々を役所などが威圧的に管理し、猫を好ましく思えない方々の意向に片寄る野良猫の管理施策が続いていましたし、今でもその考えが地域猫対策に反映し始めています。この仕組みは猫を飼う人や餌をやる人などを、強制的に役所が管理し、更に猫の管理者責任権限を、個々の市民に付与するというものです。市民は権限を与えられた猫の保護や譲渡などやそのほかの活動も役所から同時に強いられます。多くの対象猫は野良猫です。 役人は法の執行官ですから、行政裁量を超えた、飼い主のいない猫の所有権を市民に与える権限がありません。

                 冒頭の「地域猫対策」の仕組みを市民と協働し根付かせるまで、世田谷区では年に2回の区民向け講座=セミナーを続け第26回めの開催です。

                 役所と協働を進める同区の地域猫対策チームS.L.P.が初回から開催をコーディネートしています。(き)※画像は恒例の会場現状復帰撤収作業を区民、ボラさん、役所がテキパキと完了。記念に集合しました。

                | NPOねこだすけ | 00:26 | - | - | - | - |
                猫なんでも相談会&ミニセミナーにて
                0

                  snj_kaijo17.7.1 新宿区猫なんでも相談会&ミニセミナーでしたが、終わってみるとその内容は基本に添った中身の濃いセミナーあるいはワーキングプロジェクト?でした。
                   役所は法の執行官ですから、地域猫対策を法に準拠したときに役所は何ができて、いくら区民に望まれても役所のできない事は何なのか?そのような基本をきっちり認識して行う担当役人のいる自治体の市民は恵まれていると思うのです。その真逆は不幸とゆうしかありません。
                   新宿区の担当にも動きがあり、さわやかな新人や熟練の管理職も加わりました。新宿区では人と猫との調和のとれた連絡協議会を組織しています。組織であればその新陳代謝や基本に立ち返るキッカケも必要と思われます。
                   一般参加の皆様には猫に対する思いや行いが果たして間違っているのか、そうではないのか?半信半疑のご質問票も多数でした。ご質問のそれぞれの一部は会場内公開で、その他は個別のご相談テーブルコーナーで応答しました。
                   「セミナーはお役にたてましたか?」お帰りの際に時々お尋ねしますが「来てよかった!」とのお声が嬉しい限りです。「よく分からないんだよ!」の方がたまたまいらっしゃる際には、会場撤収散開後でも室外ロビーなどでのお話し合いが続きます。(き)
                   画像左は相談に公開回答中、右は個別相談。

                  | NPOねこだすけ | 08:09 | - | - | - | - |
                  世田谷区地域猫活動セミナーin桜新町
                  0

                    stgy17.7.8 

                     ==============

                     世田谷区地域猫活動セミナーin桜新町

                     日時:2017年7月8日(土)13:30〜16:00

                     会場:桜新町区民集会所 大会議室

                     講師:丸山晴男氏(世田谷区内・町会長)

                        田矢麻弓氏(チームSLP代表)

                        工藤久美子(NPO法人ねこだすけ代表)

                     申込:定員50名・要事前申込受付中

                        世田谷保健所生活保健課生活保健

                        電話:03-5432-2908

                     ==============
                    | NPOねこだすけ | 19:15 | - | - | - | - |
                    トラップ使用保証継続中
                    0

                      trap084トラップ使用保証継続中

                       平成10年頃からねこだすけではアメリカの製造元から直接キャッツラビットトラップケージを取り入れ、現在でも当時と同じタイプを特別な仕組みで輸入し頒布しています。 輸入販売元との約束は、ねこだすけがボランティア活動で使用する台数を提供すること。ねこだすけは、地域猫対策を活動する際に支障のないように協議し、貸し出しなどの提供に努めること。ねこだすけと輸入元は協議し、使用者の永続永年使用に努めること。・・・などで、現在も同じです。

                       ここ2~3年で、十数年経過した同タイプのケージが永続使用の調整に複数台届きます。画像は当初銀色のワイヤーが経年変化で黒光りしていますが、少し調整を施した機能は輸入した1998年当時と変わりません。多分猫ではなくたぬきなどの大型動物が入ってしまい壊れたものと思われます。 製造元によると、キャッツやラビットには耐える構造ですので、仕掛けっ放しにはご注意も肝心です。

                       余談ですが、いのちにやさしいまちづくりNPOねこだすけのシールが当時は「いにち〜〜〜」と誤植。20年近く経過した誤植シールがそのまま数枚残ってましたので、剥がれていた箇所に貼り直しました。

                       このケージは数名のボランティアチームリーダーへの貸し出しを経て、今は役所との恊働地域猫対策用に使われているようで、また現役復帰できそうです。(き)

                      |ねこだすけホーム > Q & A > プロテクションケージでの保護・捕獲器購入

                      | NPOねこだすけ | 18:24 | - | - | - | - |

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode